株で失敗しないというのは、一度で取り返しの付かない大きな損失を出さないというのが基本となります。
どれだけの一流トレーダーであっても、ひとつひとつの取引に関しては勝率がずば抜けて高いわけではありません。
特に短期的な予想となると、その勝率は五分五分といったところですから、この辺に関しては一流のトレーダーも一般のトレーダーも大きく変わるものではありません。

しかし、一流のトレーダーというのはリスク管理がしっかりとしていて、たった一度の失敗で大損失を出すような取引はしないのです。
一流のトレーダーであっても、投資した企業の株がゼロになってしまって投資した金額を失ってしまうということはあります。
それでも痛手を追わない程度に最悪の事態に備えて投資をしているので、トータルではプラスになっているのです。
ところが一般のトレーダーというのは大きな資金を投入すれば、大きく儲けることができるとばかりに資産の大半を一つの銘柄につぎ込んでしまったりすることもありますが、このようなことをして一度倒産であったり大きな悪材料が出てしまうと取り返しの付かない事態となってしまいます。

そのため、株で失敗をしない方法というのは最悪の事態が起きてしまっても、まだ再起ができるぐらいの範囲で投資を行うことが重要となります。
少額の資金のうちは資金管理も難しいものですが、それならそれで失っても惜しくない範囲で投資をすれば大きな失敗をすることはありません。
株はどのような人であっても損失を出すことはありますから、損失を出すことが失敗ではなく、予想していなかった大きな損失を出してしまうのが失敗だということを理解して資金管理を徹底するようにしましょう。

あわせて読みたい記事