株式を所有したことはないけれども、投資を新たにスタートしてみたいと考えている方におすすめなのが、投資信託による長期間の運用です。国内の株式を購入しようとすると、まとまった金額を一度に投資する必要が出てきます。購入しようとする株式が、その時点で割安なのかどうか、買い時かどうかを判断するのは、投資の経験がない場合には難しいものです。また、一つの会社の株式にまとまった金額を投資すると、その会社の経営が何らかのダメージを受けたときに、株価が大きな影響を受けてしまいます。
こうしたリスクを分散させるのに効果的なのが、投資信託を積立で購入して長期間の運用を行うことです。毎月一定額を自動的に積み立てるように設定しておけば、毎回売買する手間もかかりません。コツコツ一定額を購入することで、価格の下がったときにはたくさん購入することができ、価格が上昇しているときには、少なく購入することができます。積み立てを長期間行うことで、価格の変動のリスクも抑えることができます。若いうちから積み立てを始めることで、将来の老後資金に備えるのも良い方法といえるでしょう。
積立を始めるときに、どのような投資信託を選ぶか迷うものです。選び方については、専門家の書籍を購入するほか、専門家の運営するブログを閲覧するのも参考になります。ブログの中では、積立に有利な投資信託の選び方が紹介されていたり、定期的に行う「リバランス」の方法などについても詳しく知ることができます。また、魅力的な投資信託が販売されたときや、投資信託以外の商品の発売情報などもブログで紹介されることが多いので、お気に入りに追加して、定期的にチェックするのがおすすめです。

あわせて読みたい記事